A_OBSID

ヨハネの手紙 第三

長老から、愛するガイオへ。私はあなたを本当に愛しています。
愛する者よ。あなたのたましいが幸いを得ているように、あなたがすべての点で幸いを得、また健康であるように祈ります。
兄弟たちがやって来ては、あなたが真理に歩んでいることを証ししてくれるので、私は大いに喜んでいます。実際、あなたは真理のうちに歩んでいます。
私にとって、自分の子どもたちが真理のうちに歩んでいることを聞くこと以上の大きな喜びはありません。
愛する者よ。あなたは、兄弟たちのための、それもよそから来た人たちのための働きを忠実に行っています。
彼らは教会の集まりで、あなたの愛について証ししました。あなたが彼らを、神にふさわしい仕方で送り出してくれるなら、それは立派な行いです。
彼らは御名のために、異邦人からは何も受けずにでて行ったのです。
私たちはこのような人々を受け入れるべきです。そうすれば、私たちは真理のために働く同労者となれます。
私は教会に少しばかり書き送りましたが、彼らの中でかしらになりたがっているデオテレペスが、私たちを受け入れません。
ですから、私が行ったなら、彼のしている行為を指摘するつもりです。彼は意地悪なことばで私たちをののしっています。それでも満足せず、兄弟たちを受け入れないばかりか、受け入れたいと思う人たちの邪魔をし、教会から追い出しています。
愛する者よ。悪を見習わないで、善を見習いなさい。善を行う者は神から出た者であり、悪を行う者は神を見たことがない者です。
デメテリオについては、すべての人たちが、また真理そのものが証ししています。私たちも証しします。私たちの証しが真実であることは、あなたも知っています。
あなたに書き送るべきことがたくさんありますが、墨と筆で書きたくありません。
近いうちにあなたに会いたいと思います。そうしたら、直接話し合いましょう。
平安があなたにありますように。友人たちが、あなたによろしくと言っています。そちらの友人たち一人ひとりによろしく伝えてください。